テンプレートの詳細

選択されたテンプレートの詳細です。

テンプレート情報

選択されたサンプル名刺です。このデザインで進める場合はプレビュー下の「自由に編集する」または「簡易編集」を押してください。編集画面が開きます。

型の種類 名刺
イメージ 面イメージ



<このタイプの名刺を作るコツ>

横置きたて文字とヨコ文字の混じった名刺です。
このタイプの名刺を作るときは、紙のまわりのスペース(隙間)を統一しましょう。
紙の上下からの文字までの隙間、紙の左右からの文字の隙間、これらを統一することでデザイン的に見栄えのいい名刺を作ることができますよ。お試しください。



Tips! 名刺の上手な作り方講座

・周りの余白

ここでいう余白と言うのは、文字やら写真やらのコンテンツと名刺用紙の端との隙間という意味です。よく紙の端まで文字を入れる方がおられますが、3ミリぐらいは空けていただきたいと思います。
理由は2つあります。一つはそもそも紙の端まで文字やら写真があるとデザイン的にあまり恰好がよくないこと。ただし写真の場合で紙の端まで絵柄のあるいわゆる断ち落としの場合は別です。断ち落としについては別の項で説明します。
もう一つは製造上の問題です。名刺を作るにはいくつかの工程があります。印刷のときにコンマ何ミリ程度の印刷のブレが生じてしまいます。次に紙を名刺の大きさに断つのですがこの時にもコンマ何ミリ程度のブレが生じます。つまり紙に対して中の文字とかの位置がずれる要因が大きく2つあるのです。一つの工程ではコンマ何ミリでも2つの工程を経るとずれが大きくなってしまう場合もあるのです(小さくなる場合もありますが)。またA4などの用紙なら全く気づかないことでも、名刺と言う小さな紙の中ではたとえ1ミリ以下のずれといえ思った以上に目立ってしまうのです。
話を戻しますが、あまり紙の端ぎりぎりのデザインではほんのわずかなずれが目立って強調されてしまう可能性があります。