お役立ち情報コラム

フリーランスが押さえておくべき名刺を作る際のポイント

フリーランスが押さえておくべき名刺を作る際のポイント

名刺は会社員だけでなく、フリーランスで働いている場合にも必要になります。
フリーランスはお客さんから直接仕事を依頼されるケースが多いため注意が必要です。
ここでは、そんなフリーランスやクリエイティブな仕事をしている方が押さえておくべき名刺を作る際のポイントをご紹介します。

名刺にどこまで載せる? 載せるべき基本的な情報とレイアウト

名刺にどこまで載せる? 載せるべき基本的な情報とレイアウト

名刺はその人の氏名や、会社でどんな仕事を任されているのかなど、大切な情報が分かるようにしなければいけません。
また、会社のHPや個人のFacebookのページなど、状況によって載せたほうが良い情報は多々あります。
アイボス名刺は文字や写真などいくつ載せても値段は変わりませんし、自由に情報を載せることが出来るので大変大きなメリットがあります。

印象に残る名刺にするためのアイデア4つ

印象に残る名刺にするためのアイデア4つ

一般的に名刺は初対面の相手に渡すことが多く、第一印象にも影響するためビジネスシーンにおいて重要な役割を担うものです。
シンプルで分かりやすいものを作るのも大切ですが、受け取った相手にとって印象の残るものでなくては、良い名刺であるとは言えないでしょう。
印象が残ることで今後お仕事を振ってもらいやすくなることもありますので、しっかりポイントを押さえて名刺を作ることが大切です。

名刺作成は自作が安い? 自作の注意点とアイボス名刺のメリット

名刺作成は自作が安い? 自作の注意点とアイボス名刺のメリット

仕事を始めたばかりのフリーランスの方には、経費削減のためパソコンやプリンタを利用して自宅で名刺作成をする方もいるのではないでしょうか。
確かに自宅で名刺を作れば安いですが、自作の名刺には後になって不備が見つかるなどの失敗をしてしまうリスクがあります。